2015年スーパーFJ筑波シリーズ第2戦

毎年恒例のOLD/NOWフェスティバルが5月5日のこどもの日に開催された。

今回、スーパーFJ筑波シリーズ第2戦には、
スーパーウィンズから5名の選手が参加しました。

カーナンバー3番 秋山選手
akiyama

カーナンバー5番 太田選手
oota

カーナンバー9番 kamikaze選手
ikeda

カーナンバー 19番 ハンマー伊澤選手
izawa

カーナンバー27番 河瀬選手
kawase

公式予選では秋山選手の走りが冴え渡り、
kamikaze選手を1000分の56秒抑えて
ポールポジションを決め決勝グリッドのフロントローをスーパーウィンズが独占!

そして、オープニングセレモニーの後、決勝レースはスタートしました。

IMG_1566

スタートを無難に決めた、フロントローの2台は1コーナーで並びかけるも、
秋山選手が見事にホールショットを納めます。
1st

そのあと、ダンロップから80Rにかけて、
3番手スタートのZAPspeed山浦選手が、前をいくkamikaze選手に猛アタック。
2ヘアピンでうまくkamikaze選手をパスすると、トップを走る秋山選手の真後ろにつけ、
終止、レースはトップ2台のテールtoノーズのデットヒート。
teal

3番手に落ちたkamikaze選手も虎視眈々と前の2台に付いてはいく物の
じわりじわりと離され始めます。

そして、16周目にレースが動きます。

2番手を走る、山浦選手が1コーナーの飛び込みで
トップを走る秋山選手のインを刺すものの、タイヤ同士の接触で
トップ2台がコースオフ。

その間に3番手を走るkamikaze選手がトップに踊り出ます!
kami

接触した2台は、コースに戻る物の後続の車両にパスをされ、
順位を大幅にダウン。

結局、トップチェッカーはkamikaze選手となり、
今期初優勝を決めました。

尚、正式表彰では、山浦選手の接触にペナルティが下され、
1位、kamikaze選手
2位、ハンマー伊澤選手と
マスターズクラス2名が、選手権の表彰台の1−2を飾りました。
IMG_1677

そして、終始トップを走っていた秋山選手は
マスターズクラスの表彰台で1位となり、
2位には冷静沈着な走りでチェッカーを受けた太田選手が入り、
こちらも1−2をスーパーウィンズが独占しました。
IMG_1709

白熱したレース展開を見せた秋山選手。
次回以降のレースがますます楽しみになりそうです。
IMG_1679